投資のすすめ

投資信託とは?仕組みと失敗しない始め方を解説

5円くん

大河内さん、投資って何から始めればいい?

大河内さん

初めての投資には、投資信託がオススメだよ!

5円くん

投資信託?なんか怪しそうだな…

大河内さん

そんなことないよ!詳しく解説するね!

投資信託に対して「怪しい・怖い」といったイメージを持っていませんか?

投資をしたことがない人に怖いモノと思われがちですが、それは誤解です。投資信託は正しく学び、正しく活用すれば生活をより豊かにしてくれます。その反面、理解することなく始めてしまうと大きな損失につながります。

人生をより豊かにするためにも、投資信託への理解を深めておきましょう。

この記事でわかること
  • 投資信託の種類
  • 投資信託の始め方
  • 投資のリスクを減らす方法

↓動画で視聴したい方はこちら↓

投資信託とは

投資信託は、資産をプロの投資家に預けて、代わりに運用してもらう金融商品です。プロの投資家が代わりに運用しれくれるため、専門的な知識がない初心者や、銘柄を選ぶ余裕がない人でも投資できます。

投資信託は、図のような国内外の株式や債券などを集めた「詰め合わせパック」として販売されています。

また投資信託は、大勢の投資家から資金を集めているため、一人あたりの負担が小さいのも特徴です。図のように50万円の商品を5人の投資家で買い、一人あたりの負担を減らしているのです。

大河内さん

なかには100円から買える商品もあるよ!

投資信託の種類

投資信託は投資対象と運用方法で分類できます。

投資対象

投資対象は株式や債券などの資産と、国内と海外の地域に分類できます。なかには複数の投資対象を組み合わせた商品もあるので、一つの商品で地域と資産を分散することも可能です。

投資対象の分類
大河内さん

分散投資でリスクを下げられるのが魅力だね!分散投資の大切さをこの記事で解説してるよ!

運用方法

運用方法の種類は「アクティブ型」と「インデックス型」に分類され、それぞれの特徴は以下の通りです。

5円くん

どっちを選べばいいかよく分かんない!

大河内さん

初心者は手数料の安いインデックス型がオススメだよ!

投資信託のはじめ方

投資信託はインターネットを使って購入でき、以下の流れで始められます。

  1. 目的を決める
  2. 証券口座を開設する
  3. 投資信託を選ぶ
  4. 国の制度を活用する

運用の目的を決める

資産運用では、目的を決めることが大切です。

目的を決めずに運用を始めると必要以上のリスクを取ってしまったり、不要な売買が増えたりする可能性があります。以下のように運用も目的を明確化したうえで投資を始めましょう。

  • 結婚資金(短期投資)
  • 教育資金(中期投資)
  • 老後資金(長期投資)
大河内さん

運用したお金をいついくら何に使うかを考えるのが大切だよ!

証券会社で口座を開設する

投資信託を購入するには、証券会社での口座開設が必要です。証券会社には、ネット型と店舗型があり、特徴は以下の通りです。

大河内さん

初心者には手数料が安い「ネット型」がオススメだよ!

投資信託を選ぶ

ここからは投資信託を選ぶポイントを解説します。

投資信託には、銘柄ごとに説明書(目論見書)が準備されています。投資する前に「何に・どれだけ・どんな成果があるのか」と説明書で調べておきましょう。

「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」を例にすると、以下の項目があります。

5円くん

専門用語が多くてわからない…

大河内さん

そんなときは、こんな感じで言葉を置き換えてみたらわかりやすいよ!

  • S&P500:アメリカの代表的な500社
  • 指  数:株価等を集計した数字
  • 基準価格:投資信託の値段
  • 純資産 :投資信託の資産額
  • 分配金 :投資家に還元するお金
  • 信託報酬:運用手数料

国の制度を活用する

日本では、老後資金を自分自身で準備するために国が投資を推奨しています。より多くの人に投資をしてもらうために、以下の制度が設けられています。

  • つみたてNISA
  • iDeCo

どちらの制度も資産運用にかかる税負担を軽くする制度です。節税をしながら老後に備えられる制度なので、ぜひ活用しましょう。

つみたてNISA

つみたてNISAは、毎年40万円を上限に20年間の利益を非課税にする制度です。

また購入できる投資信託は、金融庁が審査した商品だけなので、初心者でも安心して投資できます。長期投資をしたいという人におすすめの方法です。

iDeCo

iDeCoは、将来に受け取る年金を自分で積み立てる制度です。積み立てたお金は、投資信託を使って運用することができ、以下の節税効果があります。

  • 運用益が非課税
  • 毎月の掛金が全額所得控除
  • 受取り時の税制優遇
大河内さん

iDeCoは原則60歳まで引き出しができないから注意してね!

投資信託を買ったあとは定期的にチェックが必要

長期投資を目的としている投資信託は、買ったあとにトレードをする必要がありません。しかし、定期的にチェックしなければ、将来の年金や子育て資金が減ってしまうリスクがあります。

ただし、日々の値動きが気になって毎日チャートを見ていると、売りたくなったり買い増したくなったりします。そういった事態を防ぐためにも、数ヶ月に一度といったようにチェックするタイミングを事前に決めておきましょう。

大河内さん

長期投資は適度な距離感が大切だよ!

まとめ:投資信託は初心者にやさしい商品

投資信託はプロに運用を任せることで、初心者でも気軽に投資できる方法です。

まずは興味を持つこと。少額からでも投資を始める行動が大切です。

投資信託を購入するときは、国の制度を使って効率的に運用していきましょう。

  • 投資信託はプロが運用をしてくれる「詰め合わせパック」
  • 目的に合わせた投資が大切
  • 国の制度を利用すると税負担が軽くなる

これからも「日本人がお金に強くなることが日本を強くする」と信じて、ブログやYouTube・Voicy、学校の授業をがんばります。

それでは今日も素敵な一日を。

最後まで読んでくれたあなたに、幸あれ!

誰でもお金について学べるギャグ漫画を作りました

貯金、年金、保険、節税、投資、2,000万円問題…etc.を1冊の漫画で解決!

こどもから大人まで、幅広い層に愛されているお金の本です。お金について学んでほしい”家族や友人へのプレゼント”にも最適!

まずはザックリと、ギャグ漫画でお金の基礎を学ぶのがおすすめです!